【GTRACING ゲーミングチェア】1年使用した感想を辛口で評価レビューします。

こんにちは、ぬこ道のちゃいと申します!

みなさんはゲームをするとき、どのような椅子に座ってゲームをしていますか?

鬼ぬこ

ニ〇リの椅子に座ってる!

初心者ぬこ

地べたに座ってるけどそろそろ椅子がほしい!

という人もいると思います。

今回はそんな方のために、現在僕の使用しているゲーミングチェア【GTRACING GT099】のレビューをします。

結構辛口にレビューしていくので、ゲーミングチェアを買うか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

目次

GTRACINGのスペック

スペック

・サイズ:幅67.31×奥行51.15×高さ120.65~132.08㎝

・重さ:約22.18㎏

・耐荷重:約136㎏

・革の種類:PUレザー

・機能:リクライニング機能・高さ調節機能・アームレスト部回転機能

これから紹介する【GT099】は、下記リンクの【GT002】とほとんど同じ製品です。唯一違う部分は、アームレストが昇降するか回転するかの違いだけですね。

GTRACINGを購入した理由

私がGTRACINGを購入した理由の一覧です。

  • ゲーミングチェアを試したかった
  • リーズナブルな椅子が欲しかった
  • 評価の高い椅子が欲しかった

有名なゲーミングチェアである【AKRACING】や【DXRACING】は値段が3~6万円と高かったのですが、このGTRACINGはなんと1万円台

さらにAmazonでは売り上げNo.1を誇っていたので、これは一度試してみようということで購入しました。

ちゃい

正直に言うと、あまり深く考えていませんでした!

実際に使用してみた感想

まずは外観から紹介していきます。

外観

今この記事を書いているのが2022/1/1なので、1年と2か月ほど使用していたことになります。これから紹介するのは、その期間使用した後の姿です。

正面から見た様子

あれ?なんか破れてる?

座面

糸のつなぎ目が破れています。使い始めて半年ぐらいでこの状態になってしまいました。

後ろから見た様子

横から見た形状

腰に当てるパッド?は使い続けるとへこんできます。

頭のパッドは邪魔だったので封印しました。

肘置きの様子

肘置きも座面同様ボロボロになっています。

動かした様子

椅子自体は重いですが、軽い力で動かすことができます。

超高速リクライニング機能

鬼ぬこ

こわっ!

背もたれを起こすと、ものすごい勢いで起き上がってくるので注意が必要です。

GTRACINGの良かった点

ゲーミングチェア業界の中では最安値

有名メーカーのゲーミングチェアが3万円~なのに対し、GTRACINGは1万円台と値段の面でかなりのアドバンテージを得ています。

リーズナブルにゲーミングチェアを試したい方は、GTRACINGがほぼ確実に選択肢に入ってくると思います。

ちゃい

良かった点は以上!

鬼ぬこ

ぜんぜんないじゃん…

GTRACINGの悪かった点

組み立て時にねじ穴が開いていなかった

背もたれと座面をくっつけるために、カバー部と背もたれにねじを通す必要がありました。

しかし、本来穴が開いてあるべき場所に穴がありませんでした。アマゾンレビューを見てみると、同じような経験をしている人がちらほらと。

返品しようにもかなり面倒なので、自分で皮を切り取ってねじ穴を作りました。

ちゃい

これのおかげで組み立てに2時間ぐらいかかったよ^^

GTRACINGは中華製品

GTRACINGの企業

GTRACINGを発売している企業は中国に存在しています。

ご存じの通り、中国は凄まじい技術進化を遂げていますが、品質管理においてはまだまだ行き届いていません。いわゆるチャイナクオリティというものです。

そのため、中国企業の製品を購入する際は、一定数で不良品が混じっていることを覚悟しなければいけません。

ちゃい

ここは覚悟のできていなかった私が悪いのかもしれませんね。

縫い目が雑

外見で紹介した通り、縫い目が雑なのでこのように破れたりしてしまいます。

PUレザーの寿命は3年~5年といわれていますが、このGTRACINGでは1年ももちませんでした。

座り心地は微妙

商品ページに人間工学とかいろいろ書いていたので、座り心地には多少期待していました。

しかしいざ座ってみると、何とも言えない微妙なフィット感に顔をゆがめました。

パッドは分厚すぎて反り腰になるレベルだし、頭のパッドも分厚すぎて無いほうが快適でした。

前に使ってた5000円のオフィスチェアよりは座り心地がよかったものの、この値段に値する価値があるかと問われると微妙なところです。

GTRACINGの総評:

値段に対する期待値を超えられなかったことと、初期不良も相まってこの評価となりました。なにより座り心地がそれほど良くないのが残念でしたね。

ただ値段としてはゲーミングチェア界で最安値を誇っているので、「何でもいいからゲーミングチェアを試してみたい!」という方には向いていると思います。

私はまたこれから他のチェアを検討します…!!

他のチェアへの選択肢として

鬼ぬこ

GTRACINGを検討していたけど、やっぱりやめておこうかな…

私と同じように、このような人もいると思います。

そんな方に向けて代替案を3つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1.他のゲーミングチェアを買う

GTRACING以外のゲーミングチェアを購入することもアリですね。

有名ブランドのAKRacingやDXRacerは、昔から今までずっと評判が高くておすすめです。

ただ有名ブランドのゲーミングチェアは3万円~6万円の値段になってしまうため、気軽に手を出せません。

そこで、そこまで値段が高くない2万円前後のゲーミングチェアを探してきました。レビューを見て軒並み評価がよかったものを見つけたので紹介しておきます。

PAXTON

PAXTON(パクストン)

有名なブランドではありませんが、PAXTONというメーカーのチェアが良さげだったので紹介します。

レビュー記事・動画を見ても軒並み座り心地では高評価だったため、試してみる価値はありそうですね。

お値段は2万円前後とGTRACINGよりは少し高いものの、有名ゲーミングチェアと比べると破格の値段となっています。

参考動画

2.アーロンチェアを購入する

アーロンチェアの庄文堂ネクスト

アーロンチェアとは、ハーマンミラー社が販売している高機能デスクチェアのことです。

人間工学に基づいて設計されており、チェア界において機能・知名度・価格すべてが最高峰のものになっています。

購入すると保証が12年ついているので、万が一故障しても新しい部品に無償交換できます。

さらに耐久性も高く、30年以上使用している人も多くいるので、半永久的に使用することができるのも特徴です。

しかし価格がめちゃくちゃ高い

アーロンチェアはその機能ゆえに、どうしても値段が高くなってしまいます。

一番安く買おうとしても26万円ほどかかってしまいます。

ただ座り心地はチェア界の中でも最高峰のものになるので、そこを最重要視する人は検討してみてもいかもしれませんね。

ちゃい

中々このお値段は一歩踏み切れませんよね…。

3.今使っているチェアにシーティングをする

シートの種類の1つ

【エクスジェル シーティングラボ】

もし今使用しているチェアがあるのなら、シーティングを検討してみてもいいかもしれません。

シーティングとは、長時間座っていてもいい身体状況を続けられるように姿勢を調整するためのものです。簡単に言うと、座りっぱなしでも腰とかが痛くならないように姿勢を調整するよーっていうものです。

元々は車いす生活の方や足が不自由で座ることが多い人のためのものというイメージがありますが、最近はデスクワークが増えて長時間座る人が増えたために、一般人向けにも徐々にこのシーティングが輸入されています。

シーティングを行うことで、体圧が分散されて姿勢のズレがなくなり、長時間座りっぱなしでも快適に過ごせるようになります。

もし座り疲れを無くしたいと思っているなら、このシートを試してみてもいいかもしれませんね。

ちゃい

私は今のチェアにこのシーティングを試してみようと思います!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる