【初めての方向け】アイコン依頼をする方法!実際のやりとりの流れも紹介します

こんにちは、ぬこ道のちゃいと申します!

私事ですが、つい先日アイコン依頼をして自分だけのイラストを描いていただきました!

ということで今回は、アイコン依頼をする方法や、その具体的なやり取りの流れを紹介します。

初心者ぬこ

アイコン依頼ってどんな感じでやるんだろ?

鬼ぬこ

修正とかはお願いできるの?

という疑問にもお答えしますので、ぜひこの記事を参考にしてアイコン依頼をしてみてください!

目次

アイコン依頼をするメリット

まずは、アイコン依頼をするメリットについて軽く触れておきます。

自分の好きな絵柄や表情で好きなキャラを描いてもらえる

アイコン依頼は完全にオーダーメイドなので、オリジナルのキャラから既存のキャラまで様々なものを描いてもらえます。

それを好きな絵柄で描いてもらえるだけでもメリットとしては十分ではないでしょうか。

著作権侵害を気にしなくて済むようになる

アニメのキャラや芸能人の顔をアイコンにしている人を多く見かけますが、これらを法律に照らし合わせると著作権侵害に当たってしまうケースが多く存在します。

ただ作者や出版社の方が寛容な態度を取ってくださっているので、目立った裁判などは今のところあまり起こっていません。

しかし、著作権侵害をしている事実に変わりないので、人によっては罪悪感がある方もいると思います。

自分だけのアイコンがあればそのような著作権の心配を取り除くことができるので、心残りなくSNSなどで活動できるようになります。

ちゃい

私もアニメキャラのアイコンにしていましたが、当時はずっと自分のアイコンが欲しいと思ってました。

印象が良くなる

前の項目とつながってきますが、アニメキャラや芸能人の顔にしていると「著作権侵害だ」と思われたりして良くない印象を持たれることがあります。

自分のアイコンにしているとそういったことは起きないので、相対的に印象は良くなりますね。

自分のことを覚えてもらいやすくなる

ちゃい

ヤハ

鬼ぬこ

あ、ピンク猫耳のちゃいさんだ

アニメなどのアイコンは人と被ったりするのでオリジナリティに欠けますが、依頼したアイコンは自分だけが使用可能です。

そのオリジナリティによってアイコンが自分の顔そのものとなるので、視覚的に覚えてもらいやすくなります。

アイコン依頼の流れ

アイコン依頼のメリットをおさらいしたところで、さっそく依頼の流れを紹介していきます。

1.アイコンを描いてもらうイラストレーターを決める

まずはアイコン依頼をするイラストレーターを見つけましょう。

といっても見つけ方がわからない方が多いと思うので、おすすめのサイトを2つ紹介します。

ココナラ

ココナラは様々な仕事の専門家がいるスキルマーケットで、アイコン作成の依頼もすることができます。

ココナラのアイコン作成の特徴としては、様々な絵柄のイラストレーターが存在することが挙げられます。

絵柄の種類例

・ゆるふわ

・デフォルメ・ミニキャラ

・レトロ

・ポップ

・リアル

・スケッチ

・アメコミ

・ドット絵

他にも様々な絵柄を描くイラストレーターが3万人も在籍しています。自分の好きな絵柄がまだ見つかってみない人は、ココナラから探してみてください。

ココナラ

SKIMA

SKIMAはイラストに関連した案件を豊富に取り扱っているサイトです。

そのSKIMAの特徴は、何といってもかわいい・カッコいい絵柄に特化していることです。

もし自分のアイコンを可愛いものにしたかったり、クールなかっこいいものにしたいのであれば、SKIMAで好きなイラストレーターを探してみてください。

ちゃい

私はSKIMAのイラストレーターの方に描いていただきました!

【SKIMA】

2.依頼する内容を決める

依頼するイラストレーターの方を決めたら、次は依頼する内容を決めていきましょう。

今回私が依頼したイラストレーターさんが依頼内容のテンプレートを用意してくださっていたので、それを活用して内容を決めていきました。

依頼内容の例

・性別
・目の色、目の形
・髪の色、髪型
・特徴(八重歯など)
・服装
・表情、ポーズ
・使用用途
・保存形式
・希望納期
・予算

依頼内容の例としてはこんな感じです。

これらの情報は、詳しく書いていた方が後々修正する手間を省くことができるので、できるだけ具体的なイメージを固めてから依頼するようにしましょう。

ちなみに私はこのイメージを固めるだけで丸二日を費やしました。

ちゃい

参考画像もあると◎

3.イラストレーターさんに依頼する

具体的なイメージを固めたら、実際にイラストレーターさんに依頼してみましょう。

下記画像の「メッセージで相談」からまずDMを送ってみました。

以下が実際のやり取りの例です。よかったら参考にしてみてください。

アイコン依頼のやり取り例

Miko様

はじめまして、突然のメッセージ失礼いたします。
ちゃいと申します。

Miko様が出品されている作品を見て、ぜひ制作をお願いさせていただきたく、
メッセージさせていただきました。
以下に依頼したい内容を記載させていただきます。
—————
キャラクター名:ちゃい
目の色、目の形:オレンジ、形は他のサンプルと同じようにお願いします。
髪の色、髪型:ピンク、ロングヘア―+猫耳でお願いします。参考画像ありますが、画像の送り方がわかりません…
服装:こちらも画像で送りたいのですが、送り方がわかりません。
ポーズ、表情:立っている、笑顔+差分でドヤ顔・考えている顔・驚いている顔もお願いします。
使用用途:SNSアイコン、ブログでの使用(ブログURL:https://nukodou.com)
予算上限なし、希望納期も特になしです。
背景:背景は欲しいのですが、いまいち思いつきません。猫っぽい感じの背景をおすすめできたらしたいです。

初めてのアイコン依頼なので、正直流れなどがよくわかっていません。
何か不手際ありましたら遠慮なくお伝えください。
どうぞよろしくお願いいたします!

私も初めてのアイコン依頼だったので、その不安を正直にお伝えしました。おまけに画像の送り方がわからないというポンコツ具合です。

しかし、Mikoさん(依頼したイラストレーターの方)は快くやり方を教えてくださいました。

ちゃい様おはようございます、Mikoと申します。

この度はご依頼ありがとうございます。
私で良ければ是非よろしくお願いいたします。

資料についてですが、この画面のメッセージ入力の窓の上にファイルというタグがございまして、そちらから画像をご添付頂けます。
もし見つかりづらいようでしたら、ギガファイル便やGoogleフォト等で送って頂いても構いません。
確認が出来ましたら、お見積もりや背景のご相談をさせて頂きたく思います。
どうぞ宜しくお願いいたします。

ちゃい

優しそう…!

その後も画像で自分のイメージを伝えたりして、依頼可能かどうかを確認してもらいました。

4.見積もり&本申し込み

キャラのイメージがお互いにまとまった後は、見積もりを行ってもらって正式に申込を行います。

私の場合は料金や納期の確認を行ってから、購入ページの案内をいただきました。

ここで疑問がある場合は、心残りなく質問しておきましょう。

ちゃい

私の場合は合計料金が7000円でした!

5.ラフ(下書き)の確認

しばらくすると、イラストレーターさんから依頼内容に基づいたラフ画が送られてきます。

一番最初のラフ画

ちゃい

ラフの段階で可愛すぎる!!

ざっくりとした私の依頼内容に対し、特徴を的確にとらえて描いていただけました。

6.必要があれば修正の依頼をする

このラフ画が送られてきた段階で思っていたイメージ違った場合、修正の依頼をします。ちなみに修正可能な回数はイラストレーターさんによって異なります。

私の依頼したMikoさんは細かい修正なら何か所でも無料で可能だったので、それに甘えて一つお願いしてみました。

ちゃい

靴をキレイ目で描いてください!サンプルの3枚目が理想です

靴は最初に伝えておくべき項目でしたが、すっかり頭から抜けていました。反省です。

しかし、Mikoさんは快く回答してくださり、修正とともに表情差分の画像も送っていただけました。

靴修正ver

ちゃい

まさにイメージ通りのかわいいブーツ!表情差分もイイ!

これでラフは何の問題もなくなったので、次の段階の「線画と下塗り」を描いていただくことになりました。

7.下塗りの状態を確認し、必要があれば修正してもらう

次の日、下塗りが完成したとの報告を受けたので早速確認しました。

下塗り服色違い

わざわざ服の色違いまで送っていただきました。この段階ではどちらの服装も可愛かったので選べませんでした。

ここで紫色の目を試してみたくなったので、

ちゃい

可能であれば、服装を比較したまま目が紫色のverも見てみたいです!

という要望を出してみました。すると早速紫の瞳verを送っていただけました。

紫の瞳ver

ちゃい

紫もいいなあ…でもオレンジの瞳で赤色の柄が一番しっくりくるからそれにしよう

鬼ぬこ

結局オレンジにするんかい!

という感じで見比べて、服の色と目の色を決めました。わがまま言いたい放題でごめんなさい。

ここで背景についてのご提案もいただけたので、下記の内容でさらにお願いしてみました。

・背景柄を猫の足跡だけにしてほしい
・背景色はピンクの同系色を試してほしい

すると、迅速な対応で背景修正verも送っていただけました。

背景修正後ver(完成品)

ちゃい

色がまとまっていい感じになったかも!それでいてかわいい!

最終的にこのイラストで大満足だったので、これで作業を進めていただくようお願いしました。

8.納品確認&評価

しばらくすると、イラストレーターさんが完成品を全て納品してくれるので中身を確認します。

問題が無ければサイト内での納品確認と承諾をしてから、イラストレーターさんの評価を行います。

最後にイラストレーターさんへ連絡して、取引は終了です。

取引終了後のやり取り例

Miko様こんにちは!

納品を確認いたしました。予定よりも早めに対応していただきありがとうございました。
要望に多く答えていただいた上に、想像以上のクオリティでキャラを書いていただきとても感謝しています!
初めてのイラスト依頼がMiko様で本当によかったです!

またイラストが必要になったら来ると思いますので、その時はまたよろしくお願いします。

ちゃい様おはようございます、朝早くのご連絡失礼いたします。

こちらこそこの度はご依頼頂きありがとうございました!
迅速丁寧なご対応をして頂けた事はもちろん、数々の温かいお言葉も本当に嬉しかったです…!とても楽しく描かせて頂きました☺️

重ねてではございますが、この度はありがとうございました!
またお役に立てる機会がございましたら宜しくお願いいたします。

ちゃい

本当にお願いしてよかった…!!

Mikoさんと一緒にキャラを一緒に作り上げていくやり取りは、とても面白かったですし心が温まりました。

アイコン依頼まとめ

私もこれが初めてのアイコン依頼でしたが、イラストレーターさんの対応が素晴らしかったので安心してやり取りができました。

最後に、もう一度アイコン依頼の流れを簡単にまとめておきます。

依頼の流れ

1.イラストレーターを決める

2.依頼する内容を決める

3.依頼する

4.見積もり&本申し込み

5.ラフ(下書き)の確認

6.必要があれば修正の依頼をする

7.下塗りの状態を確認し、必要があれば修正してもらう

8.納品確認&評価

皆さんもぜひアイコン依頼をして、自分だけのアイコンを描いてもらってみましょう!

ココナラ

【SKIMA】

私がアイコンを描いてもらったMikoさんについて

気になった方もいると思いますが、私がアイコン依頼をしたMikoさんはSKIMAで活動されていらっしゃいます。

しかしその人気さゆえに、スケジュールがいっぱいで依頼ができない場合があります。

ただ日によって運が良ければ依頼できるかもしれないので、どうしてもMikoさんに依頼したい方は根気強く受付状況をチェックしに来ましょう。

ちゃい

そりゃ人気出ますわ~

アイコン依頼をした後にTwitterでフレンドを作る方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次