APEX COD Game ガジェット モニター

【選び方はシンプル】FPSガチ勢が厳選したコスパ最強のおすすめ144Hzモニター4選

 

どうも、ちゃいと申します!

FPSにおいてモニターのリフレッシュレートは無視できませんよね。

少し前までは60Hzモニターが主流でしたが、最近は144Hzモニターでもリーズナブルに手に入れられるようになりました。

しかし、144Hzのモニターといっても種類が多いので何を買ったらよいかわからない方も多いはず。

初心者ぬこ
初心者ぬこ
どうせ買うなら時間もお金も無駄にしたくない!

という方のために、コスパ最強のおすすめ144Hzモニターを紹介します。

まずはFPSに必要なモニターの要素を解説し、その条件に当てはまるモニターを紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

 

FPS用モニターに必要な要素

鬼ぬこ
鬼ぬこ
オーバーシュート・G-SYNC・ブラックフレームetc...

モニターに関する用語はたくさんあります。皆さんもそれを見て頭をチンプンカンプンにされたかもしれません。

しかし、本当に重要な要素はそれほど多くはありません。

 

このページに来られた皆さんはリフレッシュレートの重要性は理解されていると思いますので、他2つの重要な要素である

・応答速度

・パネルの種類

について解説していきます。

 

応答速度

応答速度とは簡単に言うと、【黒→白→黒】にかかった時間のことを言います。

つまり、応答速度が早ければ早いほど色の変化が早いことになります。

ちゃい
ちゃい
モニターのスペック欄にはこのように表示されています。
(GtG)ってなに?
初心者ぬこ
初心者ぬこ

GtG(Gray to Gray)は、中間色から中間色へ変化する時間です。

ちゃい
ちゃい
イメージはこんな感じです!

ゲームでは【黒→白→黒】のような極端な色の変化は少なく、中間色から中間色に変化することがほとんどです。

なので参考にするなら応答速度ももちろんですが、GtGの表記があればこちらを見た方が良いということがわかります。

ちゃい
ちゃい
GtG>応答速度ってことですね!

 

応答速度が遅いとどうなる?

応答速度が遅いと残像が発生してしまうため、144Hzだと5ms以下の応答速度が好ましいです。

大げさに表現すると、こんな感じで残像が発生します。

 

パネルの種類

モニターのパネルには

TNパネル

VAパネル

IPSパネル

の3種類があります。

応答速度の関係上、この中でFPSに向いているモニターはTN,IPSパネルです。

最近はVAパネルでも応答速度の早いものが登場していますが、まだまだメジャーではないため割愛します。

 

TNパネルの特徴

・応答速度が圧倒的に早い

・安価である

というメリットがあります。まさにゲーマーのためのモニターです。

様々なタイトルのプロゲーマーもこのTNパネルを採用しているモニターでプレイしています。

 

ただ視野角が狭く、大勢で画面を見ることに適していないのがデメリットですが、一人でゲームをする分には何の問題もありません。

デバイスでライバルに差をつけられたくない方はTNパネルがおすすめです。

 

IPSパネルの特徴

・応答速度が早い

・視野角が広い

というメリットがあります。

初心者ぬこ
初心者ぬこ
視野角が広いならTNパネルよりもいいじゃん!

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、TNパネルに比べてIPSパネルは少し高価で、残像が若干残りやすい傾向があります。

 

お金に余裕がある方や、多人数で一緒のモニターを見る機会がある方、残像はそこまで気にしない方等はIPSパネルがおすすめです。

 

モニターの選び方

選び方のステップを下記に置いておくので、これを参考に自分に合ったモニターを選んでみてください。

step
1
TNパネルかIPSパネルのどちらが欲しいかを選ぶ

鬼ぬこ
鬼ぬこ
最強になりたいからTNパネルかな

 

step
2
紹介文を見て気に入ったものを選ぶ

紹介文はこれから紹介するので、それを見て決めてください。

正直それぞれのモニターにあまり性能差はないので、フィーリングでも構いません。

ちなみに筆者の推しはBenQシリーズです。

 

step
3
決めかねたら現時点で最安値のものを選ぶ

初心者ぬこ
初心者ぬこ
今一番安いのは2411kかなあ

 

コスパ最強144Hzモニター4選

TNパネルとIPSパネルの中から2つずつ紹介していきます。

はっきり言うと、これから紹介するモニター達はほとんど性能に違いがなく、どれも超優秀です。

しかし、一つだけ気を付けてほしいことがあります。

 

値段に注意

これから紹介するモニターはその人気さゆえに売り切れたりする可能性があります。

同じモニターでも数か月後には数万円も値上がりしていたということがありました。

高騰している商品をわざわざ買う必要はないので、定価の商品がない時は在庫が増えるまで待ちましょう。

 

TNパネルモニター2種

1.BenQ ZOWIE XL2411K

こちらは今私が愛用しているXL2411Pさんの新モデル、XL2411Kさんです。

【BenQ ZOWIE】ブランドのモニターは、様々なタイトルの競技シーンで数多く採用されており、プロゲーマー達にも愛用されています。

BenQのモニターには暗所をかなり見やすくしてくれるBlack eQualizer機能なるものが搭載されていて、これを目当てに購入する人も少なくありません。

 

さらにDyAc技術というモーションブラーを軽減する機能もあり、画面を見やすくすることに特化しています。

144Hzモニターを選ぶ際に迷ったらこれを選びましょう。間違いありません。

 

そして実は、このモニターのおすすめ設定をブログ内で紹介しています。

【BenQ XL2411P&K】おすすめのグラフィック設定を紹介!【APEX・COD両対応】

続きを見る

初心者ぬこ
初心者ぬこ
モニターを買ってから1から設定するのがめんどい!

という方はこちらの記事を参考に設定してみてください。

 

2.ASUS VG258Q

 

BenQ同様プロからの支持を多く得ているASUSの144Hzモニターです。

最初に紹介したXL2411Kと比べると、性能的にほとんど差がありません。

ただ唯一の違いとして、XL2411kにあったBlack eQualizer機能がこちらのモニターにはありません。

 

・Black eQualizer機能にはこだわらない

・XL2411Kが高騰したり売り切れている

という場合はこのVG258Qがおすすめになってきます。

 

IPSパネルモニター2種

3.BenQ MOBIUZ EX2510S

 

こちらのEX2510Sは、一番最初に紹介したXL2411Kを少し改良したようなもので、

・XL2411Kに比べて画質がきれい

・IPSパネルなので複数人で同じモニターを見ても問題なし

・スピーカー付き(XL2411Kはスピーカー無し)

・165Hz(2411kは144hz)

といった仕様になっています。

それ以外の性能はほとんど変わらないので、上記のオプションが欲しい方はこちらのEX2510Sがおすすめです。

BenQでは設定項目がほとんど共通しているので、ブログ内で僕が紹介している設定をそのまま使えます!

【BenQ XL2411P&K】おすすめのグラフィック設定を紹介!【APEX・COD両対応】

続きを見る

 

4.ASUS TUF Gaming VG259QR

 

こちらのVG259QRですが、BenQのEX2510Sと性能にほとんど違いがありません。

ただアイケアや輝度自動調整等の細かな機能の充実度ではEX2510Sが少し上を行っています。

しかし、戦闘面ではその細かい機能が有利に働くということはないので、気にしない方は現時点でVG259QRとEX2510Sの安い方を選べばOKです。

 

最後に

IPSパネルだけグレードアップされていて165Hzの紹介になってしまいましたが、144hzとの差は全然ありません。

ぜひ自分に合ったモニターを選んで、FPSを思う存分楽しんでください。

特に、今テレビでゲームしてる人は世界が変わるので強くおすすめします!

 




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ちゃい

FPSとねこをこよなく愛するゲーマー。 APEXでは複数のシーズンでプレマスに到達しています。(S3プレデター・S5,9,10マスター) PR記事やレビュー等のお仕事はお問い合わせからお願いします。

-APEX, COD, Game, ガジェット, モニター

© 2021 FPSぬこさん道場 Powered by AFFINGER5